TOP>キレイになれる書籍>美肌になれるニュース>柿の葉ニュースNo.9




脂気の無いクリームに人気がある。
だから、女性の肌は弱くなる。
だから、メイクの毒性の防げない。
だから、肌がくすむのだ。


牛乳を放置すると、脂気が表層に浮いてエキスのように見える。これをクリームという。食品と化粧品のクリームは語源がおなじだ。
だから我々は化粧品のクリームも栄養のかたまりのようなものだと誤解してしまった。
クリームは肌の組織に入らない。表面の角質層という壁にしか入らないのだ。いくら栄養や薬効成分を入れても肌には関係ないし、また無添加クリームも肌には関係がない。クリームに必要なのはそんな事ではなく「壁を壊さない」ことなのだ。「壁を補強する」ことなのだ。
基礎化粧もメイクの下地も、中心的役割はクリーム。そしてクリームは脂を中心とする化粧品であることを忘れてはならない。
それが今は、脂気のない、さっぱりしたクリームに変貌してしまった。始末の悪いことに美容液のような肌を潤す!化粧品ものさばっている。これでは肌の壁を強くできない。強くできないどころか弱めてしまうのである。だから肌の老化を防げない。メイクの毒性はますます防げない。肌のくすみの最大の原因だ。クリームを知り、そして選ぶことは肌の一生を決める美容の基本なのである。


皮脂は天然のクリーム

体を観察してみよう。皮脂がたくさん出るところはシミもシワも少ない。
顔も皮脂のよく出るところと、あまり出ないところがある。やはり出ないところがシミやシワになる。
シミやシワは肌の老化現象である。いくら若くても皮脂が出ない乾燥肌は老化を予告する前兆なのだ。
家長たるおじいさんも一番風呂に入らない。一番風呂は皮脂の少ない肌には向かない。肌から皮脂を奪ってますます老化させてしまうからだ。
歳をとると先ず顔と手が、最後に体が荒れてくる。荒れとは肌が乾燥して滑らかさを失った状態をいう。
人間は他の動物とちがって体毛がない。だから肌が守れない。それで自然の神様が肌を守りなさいと皮脂腺を人間に特別、たくさん与えたのである。
皮脂は自然の恵み。最高のクリームだ。1950年代初頭、弊会はこういう意味で皮脂を天然のクリームと名付けた。


皮脂の中にもシャツがある 

もう一度体を観察してみよう。胸や腹など一年中シャツを着ている部分はシミやシワになりにくい。一年を通して外気にさらすことの多い顔や肩、首筋や腕はシミやシワになりやすい。日ごろ何気なく着ているシャツも老化の防止に投立っているのだ。
もし皮脂が脂だけで出来ていたら脂には通気性がないから弱ってしまう。
自然はこの通気性も考えて、皮脂の中に通気性のある成分を配合した。通気性のある木綿に似ていて、脂肪酸という。だから皮脂は木縞のシャツもふくんでいる。
後述するように脂肪酸で、できたクリームをバニシングクリームというが、これがシャツだ。皮脂にもバニシングクリームがふくまれていて、これを我々柿の葉会は天然のシャツと名付けたのである。
現在では、天然のクリームや天然のシャツという言葉が社会でも使われている。内容は以上の通りで、クリームのあるべき姿を暗示しているのである。


クリームは皮脂の代用品

女性は皮脂が少ない。天然のクリームがたりないので肌が弱く老化しやすい。肌が弱いのにメイクをしたり乳液や美容液、あるいはオイルフリーのクリームなどで潤したり(一時的)するから肌がますます弱ってしまう。いろんな化粧品の毒性が侵入して肌がくすむのも当然なのだ。
もしおなじ生活条件で男女が歳をとったとすれば、シミやシワが先にできるのは女性だ。         
だから皮脂の代用品として化粧品のクリームを使う。これがクリームを使用する目的である。

.............................................以下、次のページへ続く。

続きをお読みになりたい方は「柿の葉ニュースbX」をご請求下さいませ。
ご送付いたします。

 
 

 

「ご希望のナンバー、郵便番号、住所、氏名、年齢」を明記して
下記の郵送料に従い切手同封の上、下記の宛先までお送り下さい。

もしくは
商品ご購入時の際にフォームの「備考欄」に、「柿の葉ニュース○号希望」とご記入下さい。

 

  【郵送料】
2部まで (定型) 80円
5部まで(定型) 90円
6部まで(定型外)140円
8部まで(定形外)160円
9部以上(定形外)200円
  【宛先】
〒762-0045 香川県坂出市元町1丁目4番13号
ゼノア化粧料通販・花咲