TOP>キレイになれる書籍>美肌になれるニュース>柿の葉ニュースNo.21

「植物の落とし穴」
危なくなった化粧品原料
今、新原料の登録は1/3が植物成分、シミの原因になるのはレモンだけではない。
植物を食べるのは安全、つけるのは危険なのだ。
植物と人間の不思議な関係。


現在、化粧品は完全な無法状態にある。化粧品は20世紀まで厚生労働省が監視した。界面活性剤という間接的有害物の使用は認めたが、致死的な毒性や光毒性や変異原性のような直栽的毒物の配合は禁止してきた。今はそうではない。

鉛白という顔料は猛毒の故に明治33年禁止法が発布された。官財のなれ合いであろうか実際に禁止されたのは昭和になってからだが、鉛の毒性はあまりにも有名だ。この猛毒の鉛でさえ、化粧品原料は「禁止する法の適用外」になったから配合できるのである。

アンティエイジング化粧品の特集でふれたように、日本の化粧品が今世紀からは劣悪な欧米の化粧品(鉛や銅などの配合など20世紀までの日本ではありえなかった)をまねて、界面活性剤と合成ポリマーで保湿化粧品を作るようになっている。これは皮膚のバリアをこわす化粧品だ。

バリアをこわして、植物毒(フィトンチッド、植物エキス中にも存在)を皮膚にいれたら皮膚はどうなるか。植物エキスをぬる前に、考えるべきではないか。植物を食べるのは安全だが、皮膚につけるのは決して安全ではないのである。

1.欧米化する化粧品(1)

欧米の「スキンケア」と、日本の「肌の手当て」

日本の「肌の手当て」とは皮膚を健康にする方法だが、
●シミは漂白すればいい
●シワは皮膚を水で膨らませばいい
●荒れ肌はビニールの膜で覆えばいい
というのが欧米のスキンケアだ。

欧米の書籍では合成界面活性剤や水溶性の合成樹脂などが「スキンコンディショニング剤」と解説されている理由がおわかりであろう。
合成界面活性剤の使用を追及されて困っていた日本の化粧品業界が、この解説をまねてさかんに合成界面活性剤を「皮膚コンディショニング剤」と説明するのは、これら欧米の書からの発想なのである。

.............................................以下、続く。

続きをお読みになりたい方は「柿の葉ニュース21」をご請求下さいませ。
ご送付いたします。

 

 
 

 

「ご希望のナンバー、郵便番号、住所、氏名、年齢」を明記して
下記の郵送料に従い切手同封の上、下記の宛先までお送り下さい。

もしくは
商品ご購入時の際にフォームの「備考欄」に、「柿の葉ニュース○号希望」とご記入下さい。

 

  【郵送料】
2部まで (定型) 80円
5部まで(定型) 90円
6部まで(定型外)140円
8部まで(定形外)160円
9部以上(定形外)200円
  【宛先】
〒762-0045 香川県坂出市元町1丁目4番13号
ゼノア化粧料通販・花咲