TOP>キレイになれる書籍>美肌になれるニュース>柿の葉ニュースNo.16




UVカット化粧品と美白化粧品 両方を使ってはいけない!
紫外線をさけるのは美容のイロハ
色白を保つのも美容のイロハ
しかし同時期に、UVカツト化粧品と美白化粧品を使うのはとんでもない間違いだ。


化粧品は界面活性剤を乱用して化粧品公害を招いてきた。皮脂膜をこわし 皮膚のパリアゾーンをこわしたからだ。
石けんでは落せない皮覆性の強いメイクほど肌をくすませることは、ほとん どの女性が知っている。メイク落し用のクレンジンク(強い界面活性剤や溶 剤)がパリアゾーンをこわすからである。
今、テレビではU∨カット化粧品と美白化粧品のCMが盛んだ。 中には両方を買わせようとする図々しいCMもある。
紫外線が皮膚に入らぬようにカットしてしまえというのがUVカット化粧 品だ。その一方で美白する、つまり紫外線の毒性を消してくれる大切なメラ ニンをこわすという行為は危険である。
紫外線の強いところでは特に危険なのだということを私たちは知るべきだ。 白い肌で紫外線の強いところに住むということは、肌を一番傷めやすい危険 な状態におくことなのだ。
∪∨カット化粧品を必要とする環境においては、美白化粧品など使うべき ではない。ナゾナゾのようだが考えてみればだれでも気付くはずである。
さて∪∨カット化粧品に使用されるのは紫外線吸収剤という毒性の物質で ある。本紙でも述べるように、紫外線吸収剤は酸化防止剤や防腐剤や夕−ル 色素の仲間だ。
反省してもらいたい。今日まで多くの人がこれら毒物を批判して無添加化 粧品を買ったのではなかったか?
それとも…

酸化防止剤の毒性はこわいが紫外線吸収剤の毒性はこわくないとでもいうの だろうか?
紫外線増加に便乗したのが最近の美白化粧品、ホワイトニング化粧品だ。 美白化粧品はその昔、多くの被害者を出して問題になった。界面活性剤を用い て美白剤その他の異物を皮膚に浸透させ、いわゆる化粧品公害の一因であった。
 この過去を忘れて再び美白化粧品が流行しはじめている。紫外線が強くな ったという大義名分のもとにだ。
 薬品が肌に浸透するからといって、肌のパリア機能を否定する人がいる。 そういう安直な思想が化粧品公害を招いた一因だったのだ。


肌の上手な焼き方  

春先から少しずつ紫外線が強くなってくる。

.............................................以下、次のページへ続く。

続きをお読みになりたい方は「柿の葉ニュースavをご請求下さいませ。
ご送付いたします。


 
 

 

「ご希望のナンバー、郵便番号、住所、氏名、年齢」を明記して
下記の郵送料に従い切手同封の上、下記の宛先までお送り下さい。

もしくは
商品ご購入時の際にフォームの「備考欄」に、「柿の葉ニュース○号希望」とご記入下さい。

 

  【郵送料】
2部まで (定型) 80円
5部まで(定型) 90円
6部まで(定型外)140円
8部まで(定形外)160円
9部以上(定形外)200円
  【宛先】
〒762-0045 香川県坂出市元町1丁目4番13号
ゼノア化粧料通販・花咲